志望校選び・国内MBA比較

日本のMBAでおすすめはこの大学院!国内MBA選びのフレームワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

国内MBA選びのためのフレームワーク

国内MBAを目指す場合に、どこのMBA大学院に進学するのかを決める必要があります。

国内MBAといっても大学院によって特徴があります。

そこで皆さんが、どこのMBA大学院を目指すのかを決めるために、MBA大学院の特徴をわかりやすく説明したフレームワークを紹介します。

このフレームワークに従って、ある程度、志望校を絞り込んでください。

ここでは国内MBA大学院の特徴を「ゼネラリスト型」「アカデミック型」に分けて、皆さんが志望するMBAは「ゼネラリスト型MBA」なのか、それとも「アカデミック型MBA」なのか、という判断が自分でできるようにすることを目的に説明をしていきます。

ゼネラリスト型MBAについて

まず「ゼネラリスト型MBA」とはどういうMBAなのかを説明します。

欧米でMBAというと、企業を経営するために必要な知識を幅広く学ぶことを目的としています。

よって、一般的なMBAのカリキュラムは、人的資源管理、組織論、財務会計、ファイナンス、情報・マーケティング、経営戦略、統計学、経済学といった科目を中心に構成されており経営に必要な知識と技術を体系的に学ぶことができます。

また、これらの科目を単に座学として学ぶのではなく、現場で通用する実践力を身に付けることを主眼としています。

そのため、授業はケースディスカッションが中心になっています。

これが欧米のMBAの一般的な形で、経営学全般を学ぶということでゼネラリスト型MBAと呼んでいます。

このゼネラリスト型MBAは、将来企業の経営者になるとか、外部から企業経営を支援するコンサルタントになるといった目的を持った方が対象になります。

国内MBAもゼネラリスト型に該当する大学院は多数存在します。

青山学院大学、慶應義塾大学、早稲田大学などです。

アカデミック型MBAについて

次に「アカデミック型MBA」とはどういうMBAなのかを説明します。

このアカデミック型MBAは、日本特有のMBAでして、幅広い経営学を学ぶというよりも、経営学の一つの領域にフォーカスした研究をおこなうMBAです。

アカデミック型MBAは、将来研究者(大学教授)になりたいとか、リサーチャーなどのデータ解析のエキスパートになりたい、といった目的を持った方が対象になります。

アカデミック型に該当する大学院は、筑波大学、一橋大学(金融・財務プログラム)、横浜国立大学などです。


以上、MBA大学院の特徴を「ゼネラリスト型」と「アカデミック型」に分けて、教育内容の違い、学びの目的の違いを説明しました。

皆さんが進学する目的に応じて、どちらのカテゴリーのMBAを目指すのかを決めていただければと思います。

おすすめの日本のMBA

ここでは、筆者がおすすめする国内MBAを、先の「ゼネラリスト型」と「アカデミック型」のフレームワークをもとに紹介します。

「ゼネラリスト型」のおすすめの国内MBA

まず、「ゼネラリスト型」でおすすめの国内MBAは、青山学院大学、慶應義塾大学、筑波大学(国際プロフェッショナル専攻)、早稲田大学です。

どのMBAもケーススタディによるゼネラリスト養成のための教育がおこなわれています。

ただ、大学院ごとにケーススタディのウエイトは異なります。

ケーススタディのウエイトが高い順に並べると、慶應義塾大学、早稲田大学、青山学院大学の順です。

早稲田や青学はケース以外に講義形式のレクチャーも重視されております。

特に青学はレクチャーが多く、社会人経験のない大学生がなじみやすい授業形態となっています。

また、筑波大学(国際経営プロフェッショナル専攻)はすべて英語で授業がおこなわれています。

日本にいながら海外MBAと同様の英語での学習環境が整っている点で、英語力のある方におすすめです。

「アカデミック型」のおすすめの国内MBA

次に、「アカデミック型」でおすすめの国内MBAは、筑波大学(経営システム科学専攻)、一橋大学(金融・財務プログラム)です。

本格的なリサーチスキル、計量分析スキル、統計的アプローチを見に付けることができる国内MBAの中でも異色のMBAです。

一橋はファイナンス領域に関する研究をしたい方にお勧めです。

筑波は経営学のどの領域でも対応可能ですが、特にIT、AIなどの情報技術系に強みを持つ大学院です。

「ハイブリッド型」のおすすめの国内MBA

最後に、「ゼネラリスト型」と「アカデミック型」の両方を学ぶことができる「ハイブリッド型」MBAのおすすめ大学院を紹介します。

神戸大学、東京都立大学、一橋大学(経営管理プログラム、経営分析プログラム)です。

これら3校は経営学を全体的に学ぶことにも力を入れていますので、講義やケーススタディが充実しています。

一方でアカデミックな研究にも力を入れています。

例えば、神戸大学では、プロジェクト方式を採用し、フィールド(経営の現場)で収集されたデータに基づいて現実の重要な問題を見つけ出すことに力点を置いた指導をしています。

一橋大学では、1年次からワークショップ(ゼミ)に所属して、論文作成の準備をおこなう形態となっています。

以上、国内MBAの特徴、選び方、おすすめの大学院を紹介しました。

ここで紹介した内容をもとに、皆さんの目的に合致した国内MBAを選んでみてください。

この記事の著者 飯野 一 講師

飯野 一 講師

ウインドミル・エデュケイションズ株式会社で代表取締役を務めながら受験指導をおこない、約20年間にわたる指導経験を有する国内MBA受験に精通したプロフェッショナル講師。

国内MBAに関する書籍を多数出版し、ベストセラーを生み出している国内MBA受験に関する人気作家としての側面も持つ。

国内MBA修了生としては珍しい学術論文の学会発表、学会誌掲載の実績を持つ。

講座を見る

プロ講師の授業を体験!